郷に入れば郷に従え|インドネシア進出を狙うなら

男性

メニュー

このエントリーをはてなブックマークに追加

事前に調べて円滑に進める

レディ

雇用の仕方

インドネシアはこれから産業が発展する国で、日本企業が工場や現地法人をつくったり、会社設立をするケースが増えてきています。インドネシアで会社設立するときに注意すべき点は、インドネシアの法律をよく調べてから会社設立の手続きを行うということです。インドネシアでは、法律によって外国資本の会社設立に制限があり、参入できない事業分野が存在します。どのような分野でビジネスを行うのか、インドネシアの法律と照らし合わせて、事前にしっかりと調べておく必要があります。また、インドネシアの人を雇用する場合には、ビジネスのルールや文化的な違いなどを把握する必要があり、現地の事情に詳しいアドバイザーに相談することで、トラブルを未然に防ぐことが可能です。

登録申請が必要

インドネシアで会社設立する場合、会社設立の登記申請が必要になります。提出する書類や記入事項など、インドネシアの言語で行う必要があるので、手続きを代行しているコンサルティング会社に依頼すると、スムーズに登記が行えるというメリットがあります。会社設立を支援しているコンサルティング会社を利用すると、登記などの手続きの代行だけでなく、商品が受け入れられるかどうかといった市場の調査など、あらゆる面でサポートを受けることができます。銀行口座開設の手続きや、ビザの申請などを代行するサービスも利用できます。現地で視察調査を行う場合にも、通訳や交通手段などの手配を依頼することができ、節税対策などのアドバイスも受けられます。