郷に入れば郷に従え|インドネシア進出を狙うなら

男性

メニュー

このエントリーをはてなブックマークに追加

競合が多い業種

2人のレディ

目立つ場所がポイント

歯科医院の開業は大都市を中心に相次いで行われています。駅前に歯科医院がないほどで中には一区画の中に複数歯科医院が存在するほどの密集地域もあります。歯科医院を開業するには、開業物件を探すことから始まります。歯科という仕事はそこに住民が存在する限り経営を行うことが可能です。そのためできる限り住民の数が多いほど得になります。しかしそのような地域にはすでに複数の歯科医院が設置されているため、開業物件を探すにはまず競合他社の状況を把握しておくことが重要になります。街中ではテナントなどに入ることも多数あります。できる限り目立つ物件に入ることで新規患者の来院数をそれなりに確保することができます。その辺を注意して開業物件を探すことがベストです。

時間帯なども考慮

歯科医院の営業の特徴はその地域やスタイルによって異なります。最近では夜間だけ診療している歯科も数多くあります。オフィス街などにテナントとして開業物件を確保する場合には、オフィスの営業中が稼ぎ時です。そのため昼休み時間や帰宅後の午後5時以降の営業などを中心にします。早朝に営業する歯科もあります。一方住宅街などにおいては昼間の需要があります。そのため夜間は診療しませんが、逆に土日の診療は来院数を増やすことにつながります。住宅地の駅前などでは、帰宅してくる人が顧客層になりますので夜間診療が多くなります。競合が多い場合などは、需要のある時間帯内が原則となりますが、営業時間帯を変えることも重要なポイントとなります。